現在の位置
ホーム
よくある質問
町政全般・町の情報
令和元年5月1日以降に平成と書かれた文書が届きましたが有効ですか?

更新日:2019年05月01日

令和元年5月1日以降に平成と書かれた文書が届きましたが有効ですか?

七戸町からの回答

改元に伴う公文書における元号の取り扱いについて

5月1日以降も平成31年表記の文書は有効です。

 5月1日の「元号を改める政令」の施行により、「平成」から「令和」に元号が代わりました。同日以降に町から発送される文書等の元号は、原則として新元号である「令和」で表記されます。

 ただし、事務処理の都合上「平成」表記の文書もあります。たとえば、町税の納税通知書・納付書、各種証明書等、町営住宅の納税通知書等です。これらに表記される年号は「令和元年」ではなく「平成31年」で表記されます。これは、事務処理を新元号の施行前に行う等によるもので「平成31年」を「令和元年」と読み替えていただくことになります。

 また、現行の条例、規則及び規程等のほか、すでに施行した契約書、許可証、証明書等の文書で5月1日以降の日付を旧元号「平成」により表記されているものは、元号が改められることによっても、その法律上の効果が変わることはありません。「平成」を「令和」に訂正しなくても当該表示は有効となります。

 皆様のご理解とご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

総務課(TEL:0176-68-2111)

ライフイベント

  • 災害・緊急時
  • 妊娠・出産
  • 転入・転出
  • 入園・入学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 環境・住宅
  • 福祉・介護
  • おくやみ