現在の位置
ホーム
くらし・手続き
移住支援
移住支援制度
地域おこし協力隊(就農研修生)を募集します

更新日:2017年12月22日

地域おこし協力隊(就農研修生)を募集します

七戸町は、青森県の東部に位置し、自然豊かな内陸部の農業が基幹産業の町です。

農業者の高齢化問題や農業後継者の減少問題は、当町においても深刻な課題となっており、町では農業関係機関の連携による就農サポートや就農に向けた支援の拡充などを実施しています。平成30年度からは、町内農業者の農業技術や経営ノウハウを習得できる農業研修の取り組みも開始します。

七戸町に移住し、新規就農を目指す方を募集します。

七戸町地域おこし協力隊(就農研修生)募集要項.pdf[155KB]

かだれにんにく収穫画像.jpg
1.募集人数

2名

2.募集条件

(1)概ね20歳以上40歳以下の方(性別、学歴は問いません)

(2)三大都市圏をはじめとする都市地域等に在住する方で、委嘱後に七戸町へ生活拠点を移し住民票を異動できる方

(3)心身共に健康で、地域になじむ意思があり、誠実に職務ができる方

(4)就農を目指し七戸町に定住する意欲のある方

(5)普通自動車免許(MT)を有し、実際に運転ができる方

(6)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

3.業務・活動内容

  (1)農業研修

町内の農業者等のもとで農業研修を受けて、就農に必要な技術・資格等を修得していただきます。

(2)就農に関する情報発信等

イベントや研修等への参加し就農に関する情報発信などの業務を手伝っていただきます。また、就農・定住に向けた活動を実践していただきます。

4.任期・活動時間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで(最長3年まで延長できます)

週5日以内、1日あたり7時間45分を基本としますが、活動内容に応じて勤務日や勤務の時間帯を変更することがあります。時間外及び休日活動を行った場合は振替対応とします。

5.報酬

月額167,000円(各種手当、賞与はありません)

6.待遇及び福利厚生

(1)社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。

(2)年次有給休暇、夏期休暇の制度があります。

(3)隊員の住宅家賃や活動経費について、町の補助を受けられます。

7.応募手続

(1)受付期間  平成29年12月15日(金)~平成30年2月20日(火)必着

(2)提出書類

①七戸町地域おこし協力隊応募用紙

地域おこし協力隊応募用紙.pdf[172KB]  /  地域おこし協力隊応募用紙.docx[41KB] 

②住民票謄本(世帯全員分)の写し

③自動車運転免許証の写し

(3)提出書類の送付先(郵送可)

〒039-2792 青森県上北郡七戸町字森ノ上131-4

七戸町地域おこし総合戦略課(担当:佐藤)

8.選考方法

(1)第1次選考審査(書類選考)

書類選考のうえ、申込書到着後概ね1週間程度で合否の結果を通知します。

(2)第2次選考審査(現地説明会・面接選考)

第1次審査合格者については、別途第2次選考審査のご案内を通知します。

平成30年3月3日(土)~4日(日)の2日間の日程で現地説明会及び業務体験を行い、最終日に面接を実施します。

選考審査会場までの旅費について、町の予算の範囲内で補助します。

◆ ◇ ↓ 協力隊任期終了後には「農業の匠」になれるカリキュラム ↓ ◇ ◆

 師匠(農家)から指導を受けながら技術を磨くほか、町内にある青森県営農大学校で必要な資格を取得できるので、最長3年の任期終了後には「農業の匠」になることができるカリキュラムを準備しました。こちら「JOIN地域おこし協力隊募集サイト」をご覧ください。

米.jpg

◆ ◇ ↓ 移住コンシェルジュも応援します ↓ ◇ ◆

 平成30年度採用予定のしちのへ移住コンシェルジュ(地域おこし協力隊)は「七戸(ナナツノトビラ)プロジェクト」の取り組みとして食や産業を全国へ情報発信します。安心・安全な農作物を作る就農研修生(地域おこし協力隊)を応援します!

かだれにんにく収穫料理画像.jpg

このページに関するお問い合わせ先

〒039-2792 青森県上北郡七戸町字森ノ上131-4                                七戸町地域おこし総合戦略課                                  電話0176-68-2422 ファクシミリ0176-68-2804

ライフイベント

  • 災害・緊急時
  • 妊娠・出産
  • 転入・転出
  • 入園・入学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 環境・住宅
  • 福祉・介護
  • おくやみ