現在の位置
ホーム
くらし・手続き
消費生活情報
NT通信第46号:強引な布団の訪問販売に注意

更新日:2020年12月21日

NT通信第46号:強引な布団の訪問販売に注意

事例

・ある日突然「布団を見せて欲しい」と業者が訪問してきたので、布団を見せた。
・業者が布団カバーを開けると羽毛が飛び散って驚いた。業者はすかさず布団のリフォームを勧めてきた。
・「家族に相談してから」と断ろうとしたが、何度もしつこく勧誘され契約してしまった。
・契約をしたものの、手持ちのお金がなく支払いに困っている。

アドバイス

◆不要な勧誘はきっぱり断る!

 →必要がなければ家に入れないようにしましょう。

◆訪問販売はクーリング・オフができます。

 →もし契約してしまった場合でも、原則として契約書面を受け取った日から8日以内であれば、クーリング・オフ(無条件での解約)ができます。

認知症などで判断力が低下した高齢者をねらった悪質商法が後を絶ちません。
家族や介護者の見守りで高齢者の消費者トラブルを防ぎましょう。

青森県消費生活センター

受付時間:〔平日〕9:00~17:30 〔土・日・祝日〕10:00~16:00

休業日:年末年始

TEL:017-722-3343

ライフイベント

  • 災害・緊急時
  • 妊娠・出産
  • 転入・転出
  • 入園・入学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 環境・住宅
  • 福祉・介護
  • おくやみ